Fantome/宇多田ヒカル


大天才、宇多田ヒカルの昨年のキラーアルバム!エバーグリーンなアルバム。良いものは良い。半年やそこらで古くならない彼女らしいアルバムがまたリリースされた。

Fantome

今回も宇多田ヒカルは私を驚嘆させた。

あの小室哲哉を才能の面で、引退に追い込んだと言われる彼女。

今回も10の力のうち、3くらいしか出していないように思えるが、とても素晴らしいアルバム。

明るい曲、悲しい曲、変な曲、バラード、ロックが混ざっていながら、とても綺麗にまとまっている。

自己プロデュース能力もさることながら、やはり、圧倒的な作曲家としての能力。

それが他のミュージシャンと全然違うのだ。

「花束を君に」などは特にそうだ。

とても聞きやすい曲でありながら、誰でも作れる曲ではない。

宇多田ヒカルを知らない方はいないとは思うが、もしも、今までのアルバムが好きでない方でも、今回のアルバムは超絶オススメ!

Fantome [ 宇多田ヒカル ]